プロフィール

福井 裕 / Yutaka Fukui
博士(工学)
摂南大学 理工学部 技師 / 大阪府立大学 客員研究員

 摂南大学 [ Setsunan University ]
 大阪府立大学 [ Osaka Prefecture University ]

担当科目

 2012年度 前期
  情報システム演習 (工学部マネジメントシステム工学科3年生, 共同担当)

 2012年度 後期
  計算機援用設計 (理工学部機械工学科3年生, 共同担当)

研究分野

  デジタルヒューマンモデリング [ Digital Human Modeling ] 
ヒューマンインタラクションデザイン [ Human-System Interaction Design ]

 人間と機械システムとのインタラクション(相互作用)を円滑にするインタフェースに興味があり,人間工学をベースとしてインタラクションに関する研究を行っている.
 現在は特に,人間にとって使いやすい製品の設計(言い換えれば,人間と機械とのインタラクションの設計)をコンピュータ内の仮想環境で行うための人間モデルである,デジタルヒューマンモデルの研究開発を行っている.このデジタルヒューマンモデルを利用すれば,設計段階で,人間にとって製品が使いやすいかどうかを検討することができる.

 最近のテーマ
  「デジタルヒューマンモデルのための前腕ひねり作業評価システムの開発」
  icon_pdf.gif 概要(PDFファイル)

small_digital_human.jpg

small_digital_human2.jpg

コンタクト

 

Mail :
 info [at] yutakafukui.net

SNS :
 Facebook : http://www.facebook.com/yutakafukui

Photo :
 Flickr : http://www.flickr.com/photos/yutakafukui/

Twitter :
 Twitter : http://www.twitter.com/yutakafukui/


Bookmark :
 delicious : http://delicious.com/yutakafukui

学術論文

2013

8. 福井 裕, 川野常夫, 田中優介,
スマートフォンによる作業中の個人向け腰痛アラームシステムの開発,
モバイル学会誌, Vol. 3, No. 1 (2013/08), pp.7-12.

2012

7. 田中優介, 福井 裕, 川野常夫,
タブレットPCのモバイル性を活かした現場作業者用「腰痛判定カメラ」の開発,
モバイル学会誌, Vol. 2, No. 2 (2012/07), pp.31-37.
6. Hiroko KOBAYASHI, Yutaka FUKUI, Yusuke TANAKA and Tsuneo KAWANO, “Location of Patient Laid Down on Gatch Bed in order to Decrease Pressures around Abdominal Regions While Backrest Lifting”,
Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 7, No. 2 (2012/04), pp.284-291. icon_pdf.gifPDF
5. 田中優介, 福井 裕, 川野常夫,
デジタルヒューマンJackによる介護現場の介助者腰部負担評価法の開発,
人間生活工学, Vol.13, No.1 (2012/03), pp.55-61

2011

4. 福井 裕, 川野常夫, 林 哲徳,
文字キーが人間工学的に配置された携帯電話"ErgoPhone"の提案,
モバイル学会誌, Vol.1, No.1 (2011/01), pp.33-39

2009

3. Tsuneo Kawano, Tomoaki Ueda, Yutaka Fukui, Nobuhiro Sugimura,
Formulation of the Degree of Postural Instability Based on the COP and EMG data,
SAE Digital Human Modeling for Design and Engineering Conference,
2009-01-2308 (2009/06), pp.1-6.
2. 福井 裕, 川野常夫, 杉村延広,
デジタルヒューマンのための前腕ひねり作業のモデリング(第2報),
-前腕ひねり作業評価システムの構築-,
精密工学会誌, Vol.75, No.7(2009/07), pp.871-875.icon_pdf.gifPDF

2008

1. 福井 裕, 川野常夫, 杉村延広,
デジタルヒューマンのための前腕ひねり作業のモデリング(第1報),
-上肢の姿勢によって異なる作業対象回転可動域の計測と推定-,
精密工学会誌, Vol.74, No.4(2008/04), pp.395-399.icon_pdf.gifPDF

国際会議発表

2013

8. Yusuke Tanaka, Tsuneo Kawano, Yutaka Fukui,
Development of a biomechanical diagnostic camera for consulting of occupational low back pain using a tablet PC,
2nd International Digital Human Modeling Symposium. (June 12, 2013, Ann Arbor, Michigan)icon_pdf.gifPDF

2010

7. Yutaka Fukui, Tsuneo Kawano, Keiichi Shirase, Nobuhiro Sugimura,
Digital Human Model for Estimating Torque about Screwdriver Axis from Arm Posture in Screw Driving Tasks,
2010 Asian Conference on Design and Digital Engineering,
pp.833-836 (2010). (Aug. 27, 2010, Ramada Plaza Jeju Hotel, Jeju, Republic of Korea)
6. Yuki Hirayama, Yutaka Fukui, Tsuneo Kawano, Nobuhiro Sugimura,
A Study on 3-Dimensional Skeletal Model for Forearm Rotation,
Proceedings of 2010 International Symposium Flexible Automation,
pp.1-4 (2010). (Jul. 14, 2010 The University of Tokyo,, Tokyo, Japan)
5. Maya Irie, Yutaka Fukui, Tsuneo Kawano, Yukie Majima, Koji Iwamura, Yoshitaka Tanimizu, Yasuko Maekawa, Akira Shiozaki, Nobuhiro Sugimura,
A Study on Motion Analysis for Nursing Operations based on Two-Dimensional Skeletal Model,
Proceedings of 2010 International Symposium Flexible Automation,
pp.1-4 (2010). (Jul. 14, 2010 The University of Tokyo,, Tokyo, Japan)

 » Continue reading

国内会議発表

2013

45. 川野常夫, 福井 裕, 奥野竜平, 横田 祥, 村松十和, 小﨑篤志:
腰への振動触覚フィードバックによる作業中の腰痛警告システム,
2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.547-548 (2013). (2013/09/14 関西大学 千里山キャンパス)
44. 福井 裕, 川野常夫:
腰への振動触覚フィードバックによる腰痛警告システムの開発,
日本人間工学会第54回大会講演集, 人間工学, Vol.49, 特別号,
pp.228-229 (2013). (2013/06/01 日本大学 津田沼キャンパス) icon_pdf.gifPDF
43. 福井 裕, 川野常夫, 田中優介:
スマートフォンによる作業中の個人向け腰痛アラームシステムの開発,
モバイル学会・シンポジウム「モバイル'13」研究論文集,
pp.113-118 (2013). (2013/03/07 青山学院大学 青山キャンパス)

2012

42. 田中優介, 福井 裕, 川野常夫:
タブレットPCを用いた腰痛判定カメラの機能拡張,
平成24年度日本人間工学会関西支部大会講演論文集,
pp.109-112 (2012). (2012/12/08 関西大学 千里山キャンパス)
41. 福井 裕, 川野常夫, 杉村延広:
iPadを用いた実オブジェクトとのインタラクションが可能なデジタルヒューマンの提案,
日本人間工学会第53回大会講演集, 人間工学, Vol.48 特別号,
pp.276-277 (2012). (2012/06/09 九州大学 大橋キャンパス) icon_pdf.gifPDFicon_pdf.gifPDF (Poster)
40. 田中優介, 福井 裕, 川野常夫:
iPadのモバイル性を活かした現場作業者用「腰痛判定カメラ」の開発,
シンポジウム「モバイル'12」,
pp.21-26 (2012). (2012/03/15 大阪市立大学 杉本キャンパス)

 » Continue reading

著書

2. 大阪府立大学21世紀科学研究機構 編,
社会との垣根を越える大学の挑戦
- 大阪府立大学21世紀科学研究機構の活動と実績 -,
株式会社エヌ・ティー・エス, (2011/12), pp.1-343,
担当:仮想人体モデルを用いた車いす着座時のドアノブ操作性評価, pp.33-37
1. 大阪府立大学 21世紀科学研究機構 編,
大阪府立大学における分野横断型研究の展開
- 21世紀科学研究所の挑戦 -,
大阪公立大学共同出版会, (2010/03), pp.1-239,
担当:組立における上肢のひねり動作に関する実験的研究, pp.161-164

職歴

 1999/04 ~ 2002/12
  ソフトウェアエンジニア / 松下ソリューションテクノロジー株式会社
   (現:パナソニックプロダクションテクノロジー株式会社)
 2005/04 ~ 2009/03
  非常勤講師 / 摂南大学 工学部
    2005~2006年度 [情報処理 / 教育センター]
    2006~2008年度 [工業英語 / 教育センター]
    2008年度(前期) [情報ネットワークⅠ / マネジメントシステム工学科]
    2008年度(前期・後期) [2次元CAD実習 / マネジメントシステム工学科]
 2006/10 ~ 2007/03
  ティーチングアシスタント / 産業技術短期大学
    2006年度(後期) [CAD基礎 / システムデザイン工学科]
    2007年度(前期) [データ処理法 / 機械工学科]
 2009/04 ~ 現在
  技師 / 摂南大学 工学部(現・理工学部)

   摂南大学 [ Setsunan University ]
     >理工学部CAD演習室
   産業技術短期大学 [ College of Industrial Technology ]
     >システムデザイン工学科
     >機械工学科

所属学会

 日本人間工学会
 精密工学会
  - アフィリエイト委員
  - 校閲委員会協力委員
 日本機械学会
 ヒューマンインタフェース学会
 SAE International
 モバイル学会
 情報処理学会

  日本人間工学会 [ Japan Ergonomics Society ]
  精密工学会 [ The Japan Society for Precision Engineering ]
  日本機械学会 [ Japan Society of Mechanical Engineers ]
  ヒューマンインタフェース学会 [ Human Interface Society ]
  SAE International
  モバイル学会 [ Mobile Interaction Society ]
  情報処理学会 [ Information Processing Society of Japan ]


Photos


www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from yutakafukui. Make your own badge here.